やまやが厳選しておすすめする、
世界のワイン専門通販サイト

カリフォルニアスパークリングワインの先駆者
Gloria Ferrer
グロリアフェラー

カーネロス地区のテロワールの表現者として
手間と情熱をかけたワイン造りは、
近年、環境保全の取り組みでも注目を集め
気鋭の造り手として
ワイン愛好家から高い評価を得ている

数多の受賞暦を誇るワイナリー

1982年、カリフォルニアのソノマカウンティ(郡)に設立したワインメーカーであるグロリアフェラー。これまで数多くのワインコンクールでの受賞歴を誇り、過去5年間で獲得したタイトルは金賞だけでも500を超える。

2019年には「ブランドブラン」がアジア最大のワインコンクールであるジャパンワインチャレンジのシャンパン&スパークリング部門で栄えある最優秀賞を受賞した。

カーネロスブランドの旗手

温暖な気候のイメージのあるカリフォルニアは、ぶどう栽培に適した地でもある。アメリカワインの、実に約9割がカリフォルニア産だ。好調な国内経済の支えもあり、近代、世界的にも知られる優良ワイナリーが林立。歴史の長さこそ及ばないものの、今やその実力はヨーロッパにも匹敵するとさえされる。

グロリアフェラーが自社畑を有するカーネロス地区は、シャンパーニュより温暖で、ブルゴーニュより冷涼なことから、ぶどうがゆっくり熟し、果実味と酸の完璧なバランスの果実が育ちやすい環境に恵まれている。スパークリングワインの主要品種となるシャルドネとピノノワールの最適地としてこの地のポテンシャルをいち早く見出したグロリアフェラーは、地区初のスパークリングワインメーカーとなった。創業から現在に至るまでカーネロス地区ぶどうによるワイン造りを貫く姿勢は、この地の傑出したテロワールを高品質のワインで次々と証明する表現者であると称したい。

ベーシックの「ソノマブリュット」のみ、異なる畑のぶどうをわずかに使用しているものの、他の銘柄においてはカーネロス地区のぶどうのみを使用。世界が賞賛するこの地のワインの名声を高めるに大きな役割を果たしている。

瓶内二次発酵による長期熟成のトラディショナル製法で造られるグロリアフェラーのスパークリングワインは、シャンパーニュに劣らぬきめ細かな泡立ちと華やかなアロマで、ワイン愛好家たちをも魅了している。

新たな時代への取り組み

2003年、カリフォルニアではワイン生産者による非営利団体「CSWA」が設立され、持続可能なサスティナビリティ農法(減農薬農法)をテーマに、さまざまな活動を行っている。グロリアフェラーでもコンパニオンプランツ(互いの成長によい影響を与えあう植物の組み合わせ)の定植をはじめ、ぶどうの搾りかすの堆肥利用、水のリサイクルなどに取り組んでいる。

更なる高品質ワインを目指し、ぶどうの「ナイトハーベスト(夜間収穫)」を行っている。一般的には、ぶどうの収穫は日中行われるが、近年は温暖化の影響で、収穫したぶどうが高温にさらされることで果汁の劣化が懸念される。これを避ける目的で行われるのがナイトハーベストである。そのほかにも、紫外線や病原菌など外的刺激による環境ストレスを低減できるため、より芳醇な香り高いワインに仕上がるとされる。グロリアフェラーでは、ぶどう栽培から醸造に至るまで、ぶどうに極力負荷をかけないワイン造り徹底し、果実本来のピュアさが際立つ味わいを追及している。

2016年、グロリアフェラーは環境保全農法認証を取得。伝統製法のカリフォルニアスパークリングワインメーカーの中でも、安定した高品質と進化し続ける姿勢において、今後も期待してやまない造り手である。

安定した品質で人気の高品質スパークリングワイン
醸造家/
スティーブン・ウーベルグ氏
Gloria Ferrer
【グロリアフェラー】

グロリアフェラーでは、管理された136haの自社畑で栽培された良質なぶどうを使用しています。収穫は手摘みにこだわり、果実のダメージを最小限にするため、収穫箱も25kgに抑えています。その後やさしい空気圧搾によるプレス、小容量タンクでの一次発酵とブレンドを経て瓶内二次発酵へ。最低15ヶ月の熟成を行い、きめ細かな泡立ちを纏い芳醇な果実味と複雑な味わいのスパークリングワインが醸し出されます。

ページの先頭へ

 STOP!未成年者飲酒
 お酒は20歳からです。未成年者への酒類の販売は一切お断りしています。
Copyright © YaMaYa CORPORATION All Rights Reserved.